被害を受ける前にハチ駆除をする│プロに任せて解決も可能

必ず業者を依頼する

スズメバチ

巣の危険性

害虫にはいろいろな虫がありますが、一番恐ろしいとされているのは蜂です。特にキイロスズメバチは攻撃性が高くとても危険な害虫です。夏から秋にかけて活動するキイロスズメバチは刺激すると大変なことが起こります。キイロスズメバチの巣は家の軒先や天井裏・土の中・床下など、人間の住居に近い所に作られるので厄介です。5月頃から女王バチが活動を始め、働きバチが成虫になる8月9月頃が一番危険な時期といえます。働きバチが幼虫のうちの6月頃までは駆除するタイミングとして一番安全ですが、それ以降になると成虫になった働きバチの攻撃を受ける為、素人には駆除は危険です。家の軒先や庭先・玄関などに巣をつくられた場合は、家族や訪れる人にも危険となり駆除が必要になります。

地方自治体に相談を

キイロスズメバチの巣を見つけた場合は、すみやかに駆除する必要があります。その際、まずは自分の住まいの地方自治体に相談をしてみましょう。地方により、駆除が無料だったり、助成金が出る場合があります。急いでいる場合や、地方自治体でできない場合は専門の駆除業者に依頼する必要があります。キイロスズメバチなどのハチに刺された場合、怖いのはアナフィラキシーショックです。蜂毒にアレルギーを起こすと、全身にじんましんが出たり、呼吸困難や嘔吐などのアナフィラキシーショックを起こし、場合によっては命を落とすこともあります。そのため、このような症状が発生したら、すぐに助けを呼ぶことが大切です。また、刺されないために防護服を正しく着用するようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加